ラングリッサー

game33.jpg game34.jpg
game35.jpg game32.jpg

正式タイトル:ラングリッサー ~光輝の末裔~
ゲームジャンル:シミュレーションRPG
メディア:CD-ROM
発売時期:1993年(PCエンジン版)
発売元:メサイア
対象年齢:全年齢
プレイ時期:1993年

こちらも(個人的には)名作のひとつであるラングリッサー。後にシリーズ化され複数のプラットフォームに移植されましたが、最初はメガドライブ用ソフトとして販売されたものでした。
私はメガドライブは持ってなかったので、これが初プレイでしたね。

ゲーム内容は本格的なシミュレーションRPGです。有名なところではファイアーエンブレムがありますが、こちらはハードの特性を活かし、ビジュアルとキャストを付け、幕間のストーリーがより盛り上げられていました。これにより各キャラ性もしっかり確立されていて、SLG+RPGとしての完成度は高かったと思います。

ゲームの進行は以下の通り。

①各ステージ前の導入ストーリー。
②ステージの概要説明。勝利条件、敗北条件の提示。
③準備モード。傭兵雇用、アイテム装備、キャラ配置場所決定。
④ステージ開始。
⑤勝利条件を満たし、ステージクリア。(敗北条件を満たすとゲームオーバー)
⑥撃破数などにより、お金を獲得。
⑦ステージ後のストーリー進行。

以上を繰り返しながらゲームを進めていくことになります。

実際のプレイ動画をご紹介したかったのですが、残念ながら今回はどこにも見当たらず、私が一番好きな戦闘シーンがお見せできません。(画像だけ貼っています)
ちびキャラが蹴散らされる様がとても気に入っています(笑)

操作は画像の通り傭兵(使い捨て)と指揮官(メインキャラ)を手動で動かしていくのですが、戦闘は職種によって相性があり、じゃんけんのような関係になっています。歩兵は槍兵に強く騎兵に弱い、槍兵は騎兵に強く歩兵に弱い、騎兵は歩兵に強く槍兵に弱い。また、飛兵は基本3職に強く弓兵に弱い、弓兵は飛兵に強く基本3職に弱い、など。これをしっかり頭に入れておけば、有利にゲームが進められるようになっていました。
もうひとつ、このゲームの特徴として、指揮範囲と指揮修正の概念があります。これは、当時としては他のソフトには無かった初のシステムだったと思います。
指揮官には指揮範囲(2~4マス)があり、その中にいる傭兵にはAT(攻撃力)とDF(防御力)に決められた修正値が加算されるのです。これが戦略の幅を広げていて、とてもおもしろかったですね。
装備アイテムの中に、この指揮範囲を3マス広げる「ネックレス」というのがあり、重宝したのを憶えています。

そして、何と言ってもこのゲームの肝となっているのが成長システムです。
各キャラともレベル(1~10)とクラス(職種)が設定されていて、クラスによって上昇するステータスは固定ですが、レベルが10になると上位クラスに進化することができます。その進化できるクラスはキャラによって違い、例えば主人公レディンの場合・・・
game36.jpg
このようになっていて、右に行くほど基本ステータスの高いクラスとなります。
ちなみに画像は移植版のなので、PCエンジン版では「マジックナイト」ではなく「ハイロード」でした。
でも、ちょっと少なく感じませんか?
そう。実は、説明書にも載っていない隠しクラスが存在するのです!
私もたまたま発見したのですが、ハイロードを選択してレベルが10になった時のこと。画面にクラスチェンジしますか?の窓が(驚)。隠しクラスの名は英雄(ヒーロー)、子供ながらにこの時はテンション上がっちゃいましたねー。
それでピンときて他のキャラでも色々試してみると、いくつかのキャラにはあったんです。プリンセス、レンジャー、ハイプリースト、エージェント、エンペラーなどなど。どれも強力なステータスを持っていました。
共通して比較的育てにくいクラスの先に置いてあり、気付きにくくなっているのも上手いですね。例えば、回復役の僧侶はキャライメージのままプリースト(神官職)にしてしまうと何もなく、育てにくいアークメイジ(攻撃魔法職)にすると、隠しクラス上位神官職のハイプリーストになれるという・・・。しかも、アークメイジ経由なので攻撃魔法もがんがん使えたりする(笑)

あとは、あるアイテムを使うことによりいわゆる「転生」ができるようになっていて、指揮修正以外のステータスを維持して初期クラスに戻ることができました。これはやり込み要素に繋がるもので、どれだけ時代を先取りしてたんだと思わせられますね。
それで強くなって、撤退クリアがデフォルトのステージで無理やり強敵を倒してみたら、ちゃんとそれ用にセリフと展開を用意してあるのには脱帽しましたよ。

最後になりましたが、重要な要素がもうひとつあります。
それは、BGM。ゲームの雰囲気を作ったり、楽しくゲームができるかという面では欠かせないファクターですよね。
このソフトもCD-ROM音源で作ってあり、生演奏だったと聞いています(一部パートは打ち込み?)
とにかく、クォリティーの高い曲が多く、シリーズ中でも曲の良さではナンバー1でしょう。
各ステージを盛り上げるBGMでは、自軍フェイズ、敵フェイズで曲も切り替わるし、援軍が現れた時も専用のテーマがあったり、特定キャラ専用のテーマがあったりと、力の入れようが半端ない。
また、以前の記事で紹介したCDプレイヤーでの再生もできるようになっています。というか、それを前提に作ってあるので(すごいよね)、今回はこちらをご紹介したいと思います。

ラングリッサーBGM集(CD再生Ver)⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm2082260
(youtubeがなかったため、ニコニコ動画からです。見れない方はごめんなさい。)

トラック1のキャストの一言コメントから始まり、各BGM、イベントシーンまで網羅されていて、もうサウンドトラックですよね、これ(笑)
そういえば、これを聴いて思い出したんですが、エンディングテーマで主題歌まであったんですね。ほんと、製作サイドの感性は現代に通ずるものがありますよね。まぁ、このゲームに関しては、いらなかったような気もしますが・・・(苦)

FC2 カウンター
ご挨拶

abelt

Author: あべると

ソフト一覧(ハード別)
リンク
最新コメント
月別アーカイブ