イースオリジン part26 【終】

【トール編:魔核の領域~ユーゴ再戦~ダレス戦~???戦~エンディング】



というわけで、最終回です!
ほとんどボス戦なんですけど、イベントシーンが長いので長時間になってしまいました。
適当に何回かに分けて見ていただければありがたいです。


~感想・解説~
(以下、激しくネタバレですので、視聴後に文字反転して読んでください。)
ご視聴ありがとうございました。
ラスボスのカイン=ファクトは一瞬「だれ?」って感じですが、実は本編中に名前も何回か出てきてるし、オープニングムービーにもしっかり出てるんですよね。
ユーゴ編でダレスが言っていた「ファクト家の業の深さ」という言葉もこの複線かと思います。

ストーリー的には、このトール編が真のエンディングという位置付けでイースⅠに繋がっていくのですが、当然Ⅰの開発時にここまでの構想はなかったでしょうから、後付けでよくここまで辻褄を合わせたなぁと感心します。
ここで、このエンディング後にどうなったのかということについて、少し触れておきたいと思います。

「黒真珠」
トールたちによって地中深くに女神と共に安置されたが、700年後イースⅠにおいて「銀」という名の鉱物と一緒に掘り起こされてしまう。再び魔物が蔓延り大地は荒れ、そこにアドルがやってくる。
ちなみに、Ⅰのボスはファクトの子孫ダルク=ファクト、Ⅱのボスが黒真珠本体となっている。

「女神フィーナ」
黒真珠が復活した事により眠りから目覚める。しかし、名前以外の記憶を無くしており、魔物に捕らわれていたところをアドルに助けられる。Ⅰのヒロイン的キャラ、当然 翼は失われている。

「女神レア」
黒真珠が復活した事により眠りから目覚める。黒真珠を悪用しようとしたダルク=ファクトを止めに行くが、銀のハーモニカを無くしておりラドの塔に幽閉される。銀のハーモニカは廃坑の地下の宝箱に入っているが、トールが持っていた物がなぜそこにあるのかは不明。

「トールが書いた本」
エンディングムービーで地上に降りていった本がそれで「イースの書」という。6神官に対応した6冊の書になっていて、Ⅰでアドルが集める事になる。

「シルバーソード」
トールに託されたロダの樹(兄)はアドルをロダの樹(弟)へと導き、シルバーソードはアドルの手に渡る。
やはり、クレリア(銀)製でなければダルク=ファクトには効かない設定になっていた。


総じて全体的な完成度は高く、番外編といいながらもイースシリーズとして十分楽しめる作品でした。

さて、次回は別のゲームになりますが、何をやるかはもう決めています。
こっそり、右のハード別ソフト一覧に項目が増えてますが、セガサターンの何かです。
ちょっとマニアックかも?お楽しみに。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

イースオリジン part25

【トール編:魔核の領域~キシュガル戦~幻光の狭間~ザバ戦】



キシュガル、ザバを撃破し最後の領域へと入っていきます。
次回、いよいよ最終回(予定)!
物語の全貌がついに明らかになります。
トールとレアの結末、ダレスの思惑、暴走するユーゴ、まだ戦っていないエポナ、そして裏切り者・・・?
ご期待ください。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

イースオリジン part24

【トール編:瘴血の領域~ピクティモス戦~魔核の領域】



ステージボスは慣れが大きいのか、あっさりと葬れました。
見どころは、その後のレアとの邂逅シーン。
トールはレアを止めることができるのか?

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

イースオリジン part23

【トール編:黙砂の領域~コンスクラード戦~瘴血の領域】



今回は、黙砂ステージボスのコンスクラードで、かなり苦労しましたね・・・。
イベントでは、ユーゴがダレスに絶賛口説かれ中・・・(笑)
やはり、ユーゴの闇は深いのか?

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

イースオリジン part22

【トール編:黙砂の領域~ラドの塔】



前回、part21で書いた「トールと女神、そして「裏切り者」の思惑とは・・・?」というのは、今回の内容でした(笑)
完全に勘違いしてました、ごめんなさい・・・。

ということで、ストーリーは意外な展開へと進んでいきます。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

FC2 カウンター
ご挨拶

abelt

Author: あべると

ソフト一覧(ハード別)
リンク
最新コメント
月別アーカイブ